消費者金融でお金を借りたいのですがヤミ金の見分け方を教えてください

『ヤミ金の見分け方を教えてください』

 

私は事情があって仕事に就けず、専業主婦をしています。今、お金に困っていて何とか工面したいのですが家族にも相談できないので消費者金融で借りようかと思っています。銀行のカードローンはなんとなく審査が不安で申し込めません。ただ、ヤミ金は恐いので信頼できる消費者金融を見つけたいです。ヤミ金に見分け方を教えてください。

 

怖いお面

 

『ヤミ金を見分ける方法』

無職の専業主婦を狙うヤミ金もあるので消費者金融を選ぶときには慎重になりますよね。ご存知のように銀行には専業主婦でも借りれるカードローンがありますが、銀行以外となると、大手消費者金融では専業主婦には貸し付けをしていないので、選択できるのは中小の消費者金融ということになりますね。ヤミ金を見極めるポイントについてご説明しますので参考にしてくださいね。

 

◇登録番号を確認する

登録番号というのは貸金業者として認可を受けている業者に与えられる番号で3年に1回更新されます。この番号は消費者金融のホームページや広告には必ず記載されています。
たとえば大手消費者金融のプロミスのホームページを見ると一番最後に小さな文字で登録番号:関東財務局長(11)第00615号と記されています。この()の中の数字は登録回数で11なら11回登録しているということで、登録が3年に1度行われることを考えると、貸金業者として30年以上33年未満営業していることになります。
ですからこの数字が多い消費者金融は信頼度が高いといえます。逆に()内の数字が1や2である場合は登録業者ではありますが、悪質業者という場合も多いです。これは悪質業者は警察の手を逃れるために屋号を頻繁に変えて登録しなおすからです。もちろんすべての業者が悪質だとは断言しませんが、この数字は消費者金融を選ぶときの目安としてください。また、ヤミ金の中には偽の登録番号を使用しているところもあります。それで、ヤミ金かどうか確認したい場合は金融庁の登録貸金業者の検索ページで確認してください。

 

◇貸し付け条件を確認する

消費者金融は契約の締結の前にカードローンの貸し付け条件を明らかにしないといけないことになっています。それに含まれるのは貸金業者の名称・住所、貸付けの金額、貸付けの利率、返済の方法、返済期間・返済回数、賠償額の予定に関する定めがある時は、その内容(たとえば返済が遅れたら遅延損害金が発生するなど)です。また貸金業者の連絡先は携帯電話の番号だけではいけないことになっています。固定電話あるいはフリーダイヤルの番号があることを確認してください。カードローンの貸し付け条件の情報があらかじめホームページや広告で公開されている業者を選ぶのが賢明です。

 

◇ダイレクトメールに注意

ヤミ金は多重債務者などのリストを不正に入手してカードローンに関するダイレクトメールを送ってくることがあります。ダイレクトメールには大手消費者金融や銀行のロゴを使用していたり大企業のグループ会社であるかのように誤解させる社名を使ったりしているものもあります。貸し付け条件も金利が極端に低いなど不審な点が数多くあります。また、ダイレクトメールでなくてもスポーツ紙やギャンブル関係の雑誌などに乗せられている消費者金融の広告はヤミ金のものも多いので連絡を取ったりしないでくださいね。

 

◇専業主婦を狙ったヤミ金

専業主婦でも借りれるカードローンはそれほど多くないので、お金の工面に困っている専業主婦を標的にするヤミ金も少なくありません。専業主婦がカードローンを利用するには、消費者金融の場合、配偶者の同意書や婚姻関係を証明できる住民票か戸籍抄本などの書類が必要ですが、そのような書類なしでも借りれるという業者はヤミ金ですから契約はしないでください。専業主婦がカードローンを利用するときは家族に内緒にしたいという方が多いので、ついつい内緒で借りれるならと甘い誘いに乗ってしまいがちですが、いったんヤミ金に関係すると確実にもっとひどい状況になってしまうので、十分注意してください。

 

『専業主婦におススメのカードローン』

以上のような点をチェックしたうえで消費者金融に申し込むことをお勧めしますが、専業主婦がカードローンに申し込むならやはり銀行カードローンがおススメです。金利も低いので返済負担を軽減できますし、なによりも騙されるのではないかと心配する必要がありません。ご主人にも内緒で申し込みができます。銀行のカードローンは審査が心配ということですが、消費者金融からの借り入れがある無職の専業主婦でも審査に通ってお金を借りれる可能性はあります。債務整理や延滞の経験がないのであれば銀行カードローンを検討してみるのはいかがでしょうか?