カードローンは無職でも申し込める?

カードローンの申し込み条件に必ず書かれているのが「安定継続した収入がある方」というものです。貸す側としては貸したお金を確実に回収したいわけですから、当然収入があることが大事な条件になります。
ただ、中には本人が働いていなくても申し込めるカードローンもあります。たとえば無職の専業主婦で配偶者に安定継続した収入がある場合です。また、無職でも年金収入がある方や親の仕送りがある無職の学生などにも貸し付けをするところもあります。それではまず、専業主婦でも借りれるカードローンについてご紹介します。

 

パソコンをする女性

 

◇無職の専業主婦でも借りれるカードローン

無職の専業主婦むけのカードローンは銀行にも消費者金融にもあります。銀行なら三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、新生銀行のカードローンが専業主婦でも借りれます。銀行カードローンの場合は配偶者の収入証明書などが必要なく本人確認書類だけで契約ができるというメリットがあります。ですからご主人に内緒で借りることも可能です。消費者金融の場合は、大手消費者金融は専業主婦には融資をしないのですが、中堅以下の消費者金融の中に専業主婦でも借りれるカードローンがあります。ただし、専業主婦が消費者金融のカードローンを利用する場合は、本人確認書類のほかに配偶者の同意書と婚姻関係を証明できる住民票や戸籍抄本などの書類が必要になります。ですから専業主婦が消費者金融のカードローンを利用する場合は、ご主人に内緒で借りることはできません。専業主婦には銀行カードローンをおススメしたいと思います。

 

◇無職の年金受給者が申し込めるカードローン

無職の年金受給者にも融資する金融機関もあります。新生銀行のカードローン「レイク」や三菱東京UFJ銀行のカードローン「バンクイック」は年金受給のみの方も申し込みができます。申し込み書の年収の部分に受け取れる年金の金額を記入してください。銀行のカードローンは安心ですが、消費者金融の中にはヤミ金もあって、年金を担保にお金を貸すところがあります。これは法律に違反したことなので、そのような消費者金融に騙されないようにしてください。実際に、ヤミ金に年金の振り込み口座の通帳と印鑑を取り上げられたという被害にあっている高齢者もいます。十分注意してください。

 

◇無職の学生でも借りれる学生ローン

学生は収入があれば銀行カードローンでお金を借りることができる場合がります。また、無職の学生でも親からの仕送りがあればお金を貸してくれる「学生ローン」もあります。「学生ローン」というのは学生向けの消費者金融で、使途が学費であれば金利が優遇されたり、卒業後も低い金利で引き続き利用できるなどのメリットがあります。また、卒業前に完済する必要がなく、会社に勤務するようになってゆとりができたら、少しづつ返済していくことができます。手続きには学生証が必要です。また、運転免許証を提示すれば金利が優遇される場合もあります。

 

以上のように無職でも申し込めるのは給与収入はないものの何らかの形の「収入」がある場合です。全くの無収入の人が借りれるカードローンはありません。無職でも借りれるというヤミ金の甘い誘いには乗らないでくださいね。