専業主婦も借りれる消費者金融のレディースローン

専業主婦が借りれるカードローンは銀行にも消費者金融にもあります。ただ、大手消費者金融は専業主婦に貸し付けをしていないので、専業主婦で消費者金融のカードローンでお金を借りたいという場合は中堅以下の消費者金融になります。中でもレディースローンは女性に特化したカードローンなので専業主婦も利用しやすいカードローンになっています。

 

美女

 

◇レディースローンの特長

レディースローンの特長は女性も利用しやすいように、スタッフがすべてあるいはほとんど女性になっているという点です。ですから電話をしても女性のオペレーターが対応してくれるので気軽に相談ができます。金利は一般の消費者金融と同じで最高金利は18.0%というところが多いですが、中には年利20%というところもあります。申し込みは電話のほかにネットでもでき、即日融資が可能なところもあります。限度額は50万円までというところが多いですね。

 

◇契約に必要な書類

契約に必要な書類は本人確認書類です。本人確認書類は運転免許証や保険証、パスポートなどになります。また、専業主婦がカードローンを利用したいと思う場合は、配偶者の同意書と婚姻関係を証明できる住民票か戸籍抄本などの書類が必要になります。配偶者の同意書は消費者金融で準備していることが多いので受け取ってからご主人に記入してもらってください。仕事をしている女性なら本人確認書類だけで契約ができますが、借入が50万円を超える場合、あるいは複数社の貸金業者からの借り入れの合計が100万円を超える場合は収入証明書の提出も必要になります。収入証明書として提出できるのは源泉徴収票や直近の給与明細書などです。専業主婦がカードローンを利用したい場合は、借入金額によっては配偶者の収入証明書が必要になります。

 

◇レディースローンのメリットとデメリット

レディースローンのメリットは女性に特化したものなので初めてカードローンを利用する専業主婦でも安心して相談や申し込みができます。また、大手消費者金融ほど審査が厳しくないというメリットもあります。
ただ、申し込みに必要な書類を見てもわかるように、レディースローンで専業主婦がカードローンを利用する場合は、ご主人に内緒では申し込みができません。ですから、家族に内緒で申し込みたいと思っているならレディースローンではなく銀行カードローンをおススメします。銀行カードローンなら本人確認書類だけで契約ができご主人に内緒でお金を借りることができます。また、レディースローンは銀行カードローンに比べると金利が高いというデメリットもあります。お仕事を持っている方ならいいですが、無職の専業主婦がカードローンで借りる場合は返済負担が大きくなりますね。ですから特に審査に不安がなければ、銀行カードローンがいいと思いますよ。