カードローンの審査に落ちる人の特長

お金に困っているときに必要なお金を快く貸してくれる人がいたら本当に助かりますね。
でも、現実にはそう簡単にはいきません。家族や友人には借りにくいということもあります。そんな時はカードローンで借りるのが便利ですが、カードローンにも審査があるので申し込めば必ずお金を貸してもらえるというわけでもありません。審査に通るためにまず、審査に落ちてしまうのはどんな人かということを考えておきましょう。

 

腰に手を当てる女性

 

◇延滞のある人は審査には通らない

カードローンの審査で最も重視されるのが現在までのキャッシングやクレジットカードの利用状況です。
毎月の返済や支払いをきちんとしていれば信用のおける人返済能力がある人とみなされて審査には有利ですが、返済が何回も遅れている人は審査には不利になります。金融機関が確認する信用情報機関の個人信用情報には毎月の返済状況が一目でわかる一覧表があるので、それを見れば毎月きちんと返済をしているかどうかがわかってしまいます。返済の遅れが目立つのであれば貸す方も融資を見送るでしょう。
また、滞納が続き「異動」と登録されると審査には通りません。「異動」と登録されるのは「返済日から61日以上、または3ヶ月以上の支払遅延(延滞)があるまたはがあったとき」で登録のタイミングは銀行や消費者金融によって異なります。でも、2か月延滞があれば「異動」になる可能性が高いので、将来新たな借り入れを考えている方なら延滞がないように十分注意してください。なお「異動」の登録は5年を過ぎると抹消されることになっていますので、心配な方はそれ以降にカードローンの申し込みをした方が無難です。

 

◇債務整理をした人は審査に通らない

債務整理というのは任意整理や特定調停、個人再生、自己破産のことですが債務整理の記録が個人信用情報残っていると借入はできません。この情報も5年間登録されたままになりますが、信用情報機関の1つである全国銀行個人信用情報センター(KSC)には10年間登録されます。中には債務整理中であってもまた延滞して「異動」の登録が残っていてもお金を貸してくれる消費者金融もありますが、ヤミ金である場合もあるので消費者金融の選択は慎重にしてくださいね。なお、自分信用情報に何が登録されているかを知りたい方は信用除法期間に問い合わせれば開示してもらえるので連絡してみてください。

 

◇カードローンの審査に通りにくいとされる職業

カードローンの審査では職種や職場もチェックされます。一般に水商売に携わっている人は審査に不利といわれています。水商売は居酒屋やバーなどもそうですが、芸能人やスポーツ選手など収入が人気に左右される職業も含まれます。カードローンで契約するためには安定継続した収入が見込めるということがポイントになりますので水商売だとどうしても審査には不利になってしまうんですね。

 

無職の場合は当然審査に通りませんが、専業主婦でも借りれるカードローンというのがあってその場合は、配偶者に安定した収入があれば融資を受けることができます。ただ、専業主婦がカードローンに申し込む場合も信用情報はチェックされますから、すでに複数の借り入れ先から多額の借金がまだ残っているなら、審査には通るのはかなり難しくなります。
また、無職の専業主婦でカードローンに申し込みたいけれど夫が債務整理をしたので、自分の審査にも影響があるのではと心配する方もいます。専業主婦がカードローンに申し込んでも配偶者の信用情報は調べられませんので心配いりません。ただ、その金融機関がすでにその人の配偶者の信用情報を持っていて、姓や住所で検索したときに配偶者の信用情報が出てくれば、配偶者の信用情報も審査結果に影響してしまうでしょう。

 

カードローンの審査に落ちるのは返済能力も信用性も低いと判断された人です。新たな借り入れを考えている方はこの点をよく考えて、現在の返済を毎月きちんと行ってくださいね。