「総量規制対象外のカードローン」って何ですか?

『総量規制対象外のカードローン」って何ですか?』

 

カードローンお利用を検討しているのですが、カードローンの説明で「総量規制対象外のカードローン」というのがありますが、どういうことですか?「総量規制対象」のカードローンよりメリットがありますか?

 

考える人

 

『総量規制対象外のカードローン』

カードローンについて調べていると「総量規制対象外」という言葉をよく目にしますね。総量規制対象外のカードローンにはたくさんのメリットがありますが、まず総量規制とは何かについてご説明しますね。

 

◇総量規制とは

総量規制というのは貸金業法で定められているルールです。このルールを守らなければいけないのは消費者金融やクレジット会社などの「貸金業者」です。総量規制はどんな規制かというと貸金業者は申し込み者の年収の3分の1までしか貸し付けをしてはいけないというものです。ですから年収が300万円のひとなら100万円までしか借りれないことになります。総量規制は、消費者が多重債務者になって生活に困窮するような状況を防ぐために施行されるようになりました。

 

◇総量規制が適用されないカードローン

それで総量規制対象外のカードローンというのは貸金業者以外が販売しているカードローンということになります。ですから銀行や信用金庫などの金融機関で販売しているカードローンは「総量規制対象外」のカードローンになります。また、総量規制には例外があるのでその例外が適用されれば、年収の3分の1を超える額でも借りれることになっています。総量規制の例外の中には「顧客に一方的有利となる借換え」があります。
消費者金融でもプロミスのように「貸金業法に基づくおまとめローン」を販売しているところがありますがこのようなおまとめローンは総量規制が適用されないので年収の3分の1を超える額でも借りることができます。また、「配偶者と併せた年収の3分の1以下の貸付け」という例外もあります。ですから消費者金融で無職の専業主婦がカードローンを利用したいと思う場合も配偶者の年収の3分の1までなら借りれることになります。

 

◇総量規制対象外のカードローンのメリット

総量規制について理解していただいたところで、総量規制対象外のカードローンのメリットについてご説明しますね。まずは、年収の3分の1を超える金額でも借りれるというメリットがあります。ですからまとまったお金が必要というときにはとても助かります。
また無職の専業主婦がカードローンに申し込む場合も、必要書類が少なくて済み夫に内緒で申し込みができるというメリットがあります。消費者金融の場合は、専業主婦がカードローンの契約をする場合は配偶者の同意書が必要になりますし、借入金額によっては配偶者の収入証明書も必要になります。でも総量規制対象外の銀行カードローンなら本人確認書類だけで契約ができ家族に内緒で借り入れができます。

 

◇総量規制対象外で専業主婦でも借りれるカードローン

銀行カードローンはすべて総量規制対象外ですが、その中には専業主婦でも借りれるカードローンもあります。たとえば三菱東京UFJ銀行のバンクイックやみずほ銀行「コンフォートプラン」、新生銀行レイクなどは専業主婦でも借りれるカードローンです。レイクは最高金利が消費者金融並みに高いですが、初めての利用なら無利息期間を利用できるので利息0円で借入することも可能です。